« ちぢみガーゼのタオル | トップページ | オーガニックバスに参加したはいいけれど »

2014年10月 4日 (土)

kata kataさんの印判手小皿

大型の台風が近づいてきているせいか、風があり薄曇りの前橋です
明日は野外でのイベントに参加するというのに予報はバッチリ雨
自分は雨女じゃない!と信じていましたが、こう続くと認めざるを得ません

思わずクスッとしてしまう印判手小皿が届きました



こちらはkata kataさんと倉敷意匠さんのコラボで実現した印判手小皿です

印判手の印刷手法である銅版転写法は、呉須と呼ばれる顔料で和紙に印刷した転写紙から、絵柄を素焼き生地に写し取るものです
そのため

手作業からうまれる絵柄のかすれや切れ、にじみ、色抜け、色ムラといった欠点が多く見られます
しかしこの欠点とも言える特徴が、唯一無二のうつわとなってより魅力的になるのだと思います
自分好みのうつわを見つける楽しさが、そこにはありますからね
マグのお風呂に浸かるクマ

ドロワーからこんにちはクマ

一緒にお出掛けクマ

お菓子に埋もれるクマ

こんなに遊べる小皿はそうそうないです

*印判手豆皿 各種 ¥1080(税込)

« ちぢみガーゼのタオル | トップページ | オーガニックバスに参加したはいいけれど »

うつわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2006185/57571341

この記事へのトラックバック一覧です: kata kataさんの印判手小皿:

« ちぢみガーゼのタオル | トップページ | オーガニックバスに参加したはいいけれど »