« 岩手の竹細工 | トップページ | 当店が紹介されました! »

2015年5月14日 (木)

棕櫚の葉のハエたたき

雲ひとつない青空で眩しいばかり。
一気に夏がきたような感じです。
昨日のような風もなく、鳥の鳴き声を聞きながら穏やかな時間が流れる敷島です。

数多くのたわしや箒など、職人さんが手作りしている高田耕造商店から、棕櫚の葉のハエたたきが届きました。

最初は何に使うのかわかりませんでしたが、現在のプラスチック製や金属製ハエたたきの原型なんだそうです。
現在では時間がかかるため葉を切り落としてすぐに編みこんでしまうのですが、こちらは昔ながらの方法でじっくり1年間乾燥させてから編んでいます。

そうすることによって、葉が縮むことがなくなり固さも増すため、より軽くて耐久性があるハエたたきに仕上がるんだとか。


叩く部分が固いとは言え葉っぱですから、プラスチック製のものに比べるとやわらかく、虫を潰さずに処理できるという優れた点も。
嫌な後始末が簡単なのは嬉しいですね。

素朴な民芸品ながら昔の人たちの知恵が詰まった日用品。
殺虫剤などか使えない食卓や台所に、ぜひ。

*棕櫚の葉のハエたたき ¥2160(税込)
長さ700×幅100mm


« 岩手の竹細工 | トップページ | 当店が紹介されました! »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2006185/59993617

この記事へのトラックバック一覧です: 棕櫚の葉のハエたたき:

« 岩手の竹細工 | トップページ | 当店が紹介されました! »