« 大判ハンカチ | トップページ | シルクリブ腹巻 »

2016年4月23日 (土)

松野屋×東北クロッシェのマタタビエザル

昨日からやってくるお客サマ。



ドアを開けようとしたら気持ちよさそうにしているので、しばらく放置。

そして今日。

だいぶこの場所がお気に入りみたいです。
犬派の自分ですが、かわいいですね猫も。

だからという訳ではありませんが、今日ご紹介するのはマタタビを使用した柄付きザルです。







うどんやそば、枝豆などの野菜を茹でるのに最適のザル。
冷たい麺や夏野菜がおいしくなるこれからの季節にぴったりです。

こちらは、岩手県遠野市の東北クロッシェ村で作られています。

2011年、東日本大震災で被災された方を少しでも力づけようと、ボランティアの方達が編み物の講習会を始めました。
支援で始まった編み物ですが、プロの編み手さんになるまで成長し、東北クロッシェ村が誕生。
こちらで商品を製作し、暮らしの道具を扱う松野屋さんが販売することに。
こうしたつながりが、復興への近道になるのだと思います。

東北をはじめ、今不安な日々を送られている熊本、九州地方の方々が、一日でも早く安定した生活を取り戻せますように。

*マタタビエザル ¥3240(税込)
約150×40×h370mm

« 大判ハンカチ | トップページ | シルクリブ腹巻 »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2006185/65124352

この記事へのトラックバック一覧です: 松野屋×東北クロッシェのマタタビエザル:

« 大判ハンカチ | トップページ | シルクリブ腹巻 »