« 古川真紀子さんの飯碗 | トップページ | オジサマ箋とウシロアタマ箋 »

2018年3月15日 (木)

釉彩小鉢

伝統的な図案や文様を形とした、新しいうつわが入荷いたしました。

釉薬銅版絵付による小鉢。

1846年、現在の岐阜県瑞浪市に日本で初めての銅版印刷による和紙転写による絵付けに挑んだ窯元がありました。

今は残らないその窯のあった地に現在、工場を構える深山さん。
その場所で、想いを受け継ぎ現代の技術を組み合わせうまれた釉薬銅版は、釉薬を印刷し器に映しとることで、素材本来のしっとりとした質感と釉薬によるやさしい光沢が重なり合い、心地よい調和を持つ器となります。



矢羽根。



紗綾形。



唐草。

副菜にデザートに。
食を楽しむ小さなうつわです。

*楽 釉彩小鉢 ¥972(税込)
約直径7.5×高さ5cm

« 古川真紀子さんの飯碗 | トップページ | オジサマ箋とウシロアタマ箋 »

うつわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釉彩小鉢:

« 古川真紀子さんの飯碗 | トップページ | オジサマ箋とウシロアタマ箋 »